感想と評価

事故物件×留学生-四畳半の不可思議な情事- 6話ネタバレ&無料試し読み

投稿日:

BookLiveコミック【AC】【AC】事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~※スマホ専用

 

 

『事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~』をネタバレします!

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】【AC】事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~※スマホ専用

 

 

 

あらすじネタバレ

 

 

―――ぱちゅッぱちゅッぱちゅッたんッたんッ

 

 

男性に腕を掴まれながらバックの体勢で突かれるサーニャちゃん。

 

 

―――ぐぽッ ぐぽッ

 

 

そして前からは『幽霊さん』のおち●ぽを口に入れられ、サーニャちゃんはそれを…

 

 

―――れろれろれろれろッ

 

と楽しそうに舐めます。

 

 

サーニャ

「んぁッ 我慢汁まみれの透明ち●ぽッ」

「イキそうなの?あ゛ッ」

「ビクビクしてるよッ でちゃう?出しちゃう?はふッ」

 

 

―――ぬちッ ぬちッ ぬちッ

 

 

サーニャ

「受け止めてあげるッ ほらほらッ 出しちゃえッ」

 

 

―――びゅる…ッ

 

 

サーニャちゃんに言われるがまま幽霊さんは口を、そしてサーニャちゃんの綺麗な顔をその白濁液で汚します。

 

 

サーニャ

「あ゛ッ んっ 出たぁ 濃いぃ」

「ぁッは…おいし…」

 

 

男性

「下も濃いの…出るよッ」

 

 

そう言うと男性はラストスパートをかけます。

 

 

サーニャ

「おッ あッ あ すごッ ずんずん…ッ きてましゅッ あッ んぁ あッ あッ あッ はげし…ッ」

「―~ん゛ッ~ん゛ぅッ!!」

 

 

『ビクン…ッ』とサーニャちゃんが身体を跳ねさせると…。

 

 

サーニャ

「あ゛ッ きたぁ…ッ あついの…ッ あ゛ッ」

 

 

―――ドップ…ッ ビューーッ ビューーッ

 

 

そしてこの奇妙な3Pはまだまだ終わりません。

 

 

サーニャ

「ふぁッ んんッ んふッ んぅ…ん 両方はッ らめッ イっちゃ んッ んぁッ」

 

 

体位を変え、エッチを続行する3人。

 

 

もはやイキ続けている様な状況でサーニャちゃんは男性と幽霊さんに犯され続けます。

 

 

サーニャ

「あ゛ああ…ッ らめッ ぁッぁひッ ぃぃいってるッ」

「ん゛ッぁ ぁひッ ――ッ!――ッ!」

「あふッ ぁれ?とまんないっ」

「あッ あっ イクのとまんないッ あッ…しゅごいッ」

「ん゛ぅッ 何コレぇ… お゛ぁッ イクッ!――イックッ!――ッ!――ッ!」

 

 

サーニャちゃんがイキながら子宮をきゅんきゅんと反応させるていると…。

 

 

―――どぷッ ごぷ…ッ

 

 

サーニャ

「あ゛ッ またッ…んぅッ ―――んぅッ!」

 

 

男性にまた出されてしまうのでした。

 

 

サーニャ

「幽霊ち●ぽ…しゅご… んぅ きもちイイ… んぁ…」

 

 

男性

「今日は君が完全に気を失うまでしてあげるからね…」

 

 

サーニャ

「はひ…」

 

 

そしてその夜、サーニャちゃんの部屋から一晩中嬌声が淫声がひびき渡るのでした……。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】【AC】事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~※スマホ専用

 

 

 

―――ピンポーン

 

 

サーニャ

「はーい」

 

 

ある日突然鳴ったインターホンからエプロン姿のサーニャちゃんが出迎えると、事故物件を紹介した不動産屋さんが心配して訪ねてきたのでした。

 

 

サーニャ

「あ!不動産屋さん!こんにちハ!」

 

 

不動産屋

「お久しぶりです 物件内容が特殊でしたので」

「心配していたのですがお変わり無いですか?」

 

 

サーニャ

「ええ!なにも変わったことはありませんヨ!」

「快適でス!」

 

 

不動産屋

「では契約は継続ということで」

 

 

―――ぬぬ…ぬぬ…ぬち…

 

 

サーニャ

「はい!寧ろ気に入ったっちゃったのでできるだけ長く住みたいでス」

 

 

そう明るく元気よく答えるサーニャちゃんですが、その背後はおま●こ丸出しで幽霊さんに犯されているのでした。

 

 

不動産屋

「そうですか それは…よかったです」

 

 

―――ズンッ

 

 

これまで何食わぬ顔で不動産屋さんと話していたものの、背後からの強烈な一突きに思わずビクンッと反応してしまうサーニャちゃん。

 

 

不動産屋

「どうしました?」

 

 

サーニャ

「いいえッ!なんでモ!良い物件を紹介してくださってありがとうございましタ!」

 

 

不動産屋

「ではまた近々様子を見に来ますね」

「ではまた何かあったらご連絡ください」

 

 

サーニャ

「はい!ありがとうございましタ!」

 

 

そして不動産屋さんがサーニャちゃんの部屋を後にし、パタンと扉が閉まると中から淫声がひびくのでした。

 

 

~THE END~

 

 

「事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~」第6話の感想

 

 

生ち●ぽこと男性の正体は…?

 

 

本当に生身の幽霊だったんですか…!?

 

 

そこはまあ明かされずに終わったので、考えないことにして、やっぱりサーニャちゃんが可愛く、それを『幽霊さん』という形で男性が自己投影し易い様に描かれた作品だなと感じました。

 

 

『幽霊さん』と思い込んでしまうと、ホラーになってしまいますが、それを男性は自分に置き換えると主観ものとしてとてもいい作品になると思います。

 

 

謎の男性は、それに対して一般的なサーニャちゃんのエッチ描写をするために登場したキャラクターだったのかもしれませんね。

 

 

とにかくこの作品はサーニャちゃんが可愛いに尽きます。

 

 

私、前も書きましたが、やっぱりサーニャちゃん好きですね(笑)

 

 

これまでこの「ヨールキ・パールキ」さんを存じ上げなかったのですが、この方はとても女の子を可愛らしく描かれる方だなと感心しちゃいました。

 

 

ホラーものという形ではありますが、主観ものが好きな方、元気で可愛いカタコトの外国人キャラが好きな方、是非オススメの作品です!

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】【AC】事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~※スマホ専用

 

-感想と評価

Copyright© 事故物件×留学生-四畳半の不可思議な情事- ネタバレ感想&無料試し読み , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.