感想と評価

事故物件×留学生-四畳半の不可思議な情事- 1話ネタバレ&無料試し読み

更新日:

BookLiveコミック【AC】【AC】事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~※スマホ専用

 

 

『事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~』をネタバレします!

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】【AC】事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~※スマホ専用

 

 

 

あらすじネタバレ

 

 

「ニッポン到着~~」

 

 

金髪でスタイルのいい女性が空港に降り立ちます。

 

 

サーニャ

『はじめまして サーニャと申しまス』

『雪の国からはるばる数時間』

『この春からニッポンの学校に通うために引越してきましタ』

『オウチは先日来日して決めてあるのですガ―――』

 

 

遡ること、幾日。

 

 

サーニャちゃんは日本の家を決め様と不動産屋で物件探しをしますが、どこも予算よりも高く、かといって安い物件を探すと今度は学校から遠くなり通学費がかかるという状況。

 

 

そこで薦められたのが…。

 

 

不動産屋

「お客様『事故物件』というのはご存知ですか?」

 

 

サーニャ

「ジコブッケン?」

 

 

不動産屋

「ええ 過去に住人の方があまり良くない状態で亡くなられたりした部屋は価値が下がるのです」

 

 

日本人でも敬遠する事故物件。

 

 

ですが、ここまでちょっと読んだだけでも好奇心が旺盛そうなサーニャちゃんは…。

 

 

サーニャ

「オバケが出る部屋ですか?」

 

 

不動産屋

「ははッ 有り体に言えばそうですね」

「見せてくださイ!」

 

 

そして不動産屋さんがおずおずと出してきてくれた物件は、築年数も古く、部屋も狭いですが、家賃は2.6万円と破格。

 

 

元々実感も幽霊屋敷のようなところでオバケが平気だったサーニャちゃんはそこに決めたのでした。

 

 

サーニャ

(確かに部屋は狭いけど)

(学校とアルバイトでおうちに居る時間も少ないだろうし)

(大丈夫だよネ)

 

 

サーニャ

『多少の不安を持って始まった新生活でしたが』

『日々の生活に追われ数ヶ月立った頃には』

『ここが訳あり物件だということはすっかり忘れていましタ』

『一つ変わった事といえば』

『淫夢を観るようになったことでス』

 

 

―――モゾッ ぞわ…ッ ピクッ

 

 

サーニャ

「はッ」

「んッ…んぅ はァ…」

 

 

夜、寝ているサーニャちゃんですが、どうにも寝苦しそうで…?

 

 

サーニャ

『そういう…欲求が溜まっていたのでしょうカ』

『それは本当に心地の良い夢で』

『もうこのまま目が覚めなくても良いと思うほどの快感でしタ』

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】【AC】事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~※スマホ専用

 

 

 

それでもやってきた朝。

 

 

サーニャちゃんの股間はくちゅり…とビショ濡れになった酷い有様で、サーニャちゃんはとても恥ずかしくなったのでした。

 

 

サーニャ

『淫夢は何夜にも続きましタ』

『もう少しで挿入れてもらえる寸前で』

『目が覚めることがほとんどでしタ』

 

 

それが何夜も続き、身体が火照って仕方がないサーニャちゃん。

 

 

深夜に目が覚めてしまうこともあり…。

 

 

―――くちゅ ずちゅ ずちゅッ

 

 

サーニャ

『我慢ができなくなり自分で慰めたこともありましタ』

 

 

激しく自分の胸を揉みながら、同時にあそこを指で刺激するサーニャちゃん。

 

 

サーニャ

「あッん なにこれぇ点 すっごい…きもちいい… もっと奥まで 激しく…!」

「たりない…たりないよぉ」

「はぁッ なにか もっと」

「太いの 挿入れたい もっと…もっと…ッ んッんッ」

 

 

極限まで焦らされて火照った身体に与える生の刺激は狂おしいほどの快感をもたらしたのでした。

 

 

サーニャ

『実家に居た時こっそりと致していた一人えっちとは比べ物にならない快楽でしタ』

 

 

そしてさらに手を強めるサーニャちゃん。

 

 

サーニャ

「あ あ あ きもちいいッ もっと 突いて」

「なかぁ ごりごり コスってぇ あふッ」

 

 

―――ビクンッ

 

 

サーニャちゃんはあまりの快楽に身体を仰け反らせます。

 

 

サーニャ

「ん゛ん゛ぁああッ はぁぁあッ イク んッ」

「…イッちゃう゛ッ!――~ッ」

 

 

―――プシュッ

 

 

サーニャ

「―~~~ッッ ん゛んッッ」

 

 

潮を噴きながら激しく絶頂し、一気に力が抜けてしまうサーニャちゃんですが…?

 

サーニャ

「はァ…はッ」

「足りないよォ…」

 

 

そして淫夢が数日続き、身体の火照りが収まらないまま、学校やアルバイト先の先輩に心配をかけることもしばしば。

 

 

このままではいけないと思い始めた頃、それは始まったのでした…。

 

 

~つづく~

 

 

「事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~」第1話の感想

 

 

サーニャちゃん可愛いですね…!

 

 

所謂、数多の漫画・アニメとかで定番のキャラとなっている陽気で元気な金髪外国人キャラ。

 

 

それを演出するために文字表現としても語尾がカタカナになっていたり、ちょいちょい誤字があったりと、キャラとしての魅力が強い作品だと感じました。

 

 

そしてこのサーニャちゃんのお話の序章ともいうべき今回は何かに憑りつかれた様な激しい自慰。

 

 

そんなに気持ちいいのでしょうか…?ちょっと興味が…(笑)

 

 

サーニャちゃんはそれでももの足りないみたいですが…。

 

 

次回からはさらにことが本格化するようで…?

 

 

次回が楽しみです!

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】【AC】事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~※スマホ専用

 

-感想と評価

Copyright© 事故物件×留学生-四畳半の不可思議な情事- ネタバレ感想&無料試し読み , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.