感想と評価

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた2話あらすじネタバレ

更新日:

 

前回はコチラ

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



チンジャオ娘&すぺしゃるじー作「会社の行き遅れBBA孕ませた」を紹介します。(第2回)

独身の若い田中くんは、上司で行き遅れの、BBAと陰口をたたかれている沢村主任と、飲み会のあと、サシ飲みしました。

 

そして、その流れで、沢村主任の部屋に案内されました。

 

よくよく見ると、彼女は意外にオッパイが大きい。

 

酔った勢いもあって、田中くんは沢村主任を押し倒してしまいました。

 

田中くんには別に恋人がいるのですが、

 

「関係ないっす。今は主任のほうが……」

 

などと、勝手なことを言いつつ、彼女の唇をふさぎます。

 

ふたりは当然のように服を脱ぎました。

 

ビンビンに勃起したモノを、主任のアソコに当てると、彼女は、

 

「あ、明かりを……」

 

などとうろたえます。

 

実は沢村主任は、34歳にもなって処女なのでした。

 

しかし、田中くんは引くどころか逆に興奮して、主任の初めてをもらっちゃおう、とばかりに突進します。

 

ずぶずぶ……と、田中くんのチ〇ポが入っていきます。

 

そしてズーンと一気に処女膜を破ったのでした。

 

「うお! なんだ、このマ〇コ!」

 

押し入った沢村主任の膣の中は、最高でした。

 

膣壁がチ〇ポにからみついてきて、その快感といったら!

 

たちまち田中くんは、ビュウウッ、と射精してしまったのでした。

 

沢村主任は初体験に顔を赤くしています。

 

「熱いのが、奥までジンジン来て……ゴム越しでも感じるぅ……」

 

その様子がひどくエロくて、田中くんはさらに興奮しました。

 

ずんっ。

 

抜かずの2発目です。

 

激しく腰を振ります。

 

沢村主任は恥ずかしがって手で胸を隠しています。

 

その手を、跳ねのけました。

 

「陥没乳首!」

 

そう、沢村主任の乳首は陥没乳首だったのです。

 

田中くんは興奮して、オッパイにむしゃぶりつきました。

 

陥没した乳首をズゾゾゾと吸い上げます。

 

吸いながら、ズンズンと腰を振ると、沢村主任も快感が高まっている様子です。

 

「いいっすよ、イッてください主任! おれも、すぐっ、イキますっ……!」

 

興奮して叫んだ直後に田中くんは、ビュウウウッ、と射精し、沢村主任も陥没乳首を勃起させ、絶頂を迎えたのでした。

 

……さて、2発で終わるかと思いきや、田中くんはまだまだ元気です。

 

今度は生でハメてしまいました。

 

たちまち耐えがたい快楽が襲ってきます。

 

(このまま出したら……万が一はらませちゃったら、おれの人生、終わりなのに……)

 

そうは思っても、気持ちよすぎて、腰の動きを止めることができません。

 

ついには、びゅるるるっ、と生中出ししてしまったのでした。

 

(ああ、やっちまった。会社の行き遅れBBAのマ〇コに……)

 

でも、超気持ちよかったのでした。

 

ということで、第3回へ続きます。

 

 

続きはコチラ

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



 

-感想と評価

Copyright© 【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませたネタバレ感想&エロ漫画あらすじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.